親の世代とは結婚の価値観って違いますよね。

​親の世代の結婚といえば、仲人さんをたてていました。仲人が男性側と女性側の両家を取りもって、話を進めていくというスタイルです。
そして、結納、結婚の儀、周囲へのお披露目というしきたりにのっとって行われていました。
親の世代では、結婚は家と家との結びつきが重要だったんですね。
ですが、最近は、家の結びつきより、個人の結びつきを重要だと思ってる人が多いですね。
結婚に関しても、段々と簡略化されてきました。仲人を立てるという形は年々減ってきているようです。また、仲人をたてたとしても、結婚式当日のみの役割がほとんどです。
結婚式に関しても、親戚や身内を呼んで盛大にっていうよりは、「二人だけで海外で」「結婚式はやらず入籍だけ」「レストランで家族だけで」といったしきたりにとらわれないやり方が増えています。
これは、親の世代の価値観と、婚活世代のみなさんとの価値観が違うということがいえます。
なので、結婚に関しても、さまざまなギャップがあると思いますので、親の世代の価値観もわかったうえで、結婚の話を進めていくのがいいでしょうね。